弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名12 件/匿名:0件

夫は婚姻費用を支払う義務があるので、一旦、通帳を持って出ていったうえで、婚姻費用分担の申し立てをされたらどうでしょうか。通帳を持って出て行ったとしても、夫のほうで、給料口座を変えるなどすると、生活費...

0
回答日 2017年03月07日 08:41

①内容の書き換えであればなりません。名前を勝手に変えた場合には名義の冒用になり私文書偽造罪となる可能性があります。 ②清算条項がない場合には、請求がくる可能性はありますが、直ちに応じる義務があるかと...

0
回答日 2017年02月22日 07:40
この回答がある質問
離婚・男女問題

患者さんのことを思うのは大切なことですが、そのことを考え続けると、これからもずっと辞められないということにもなりかねません。パソコンの使い方が分からないという点については、使い方を書いた文書やメール...

0
回答日 2017年02月12日 17:48
この回答がある質問
労働

そもそもご友人の質問とはどういうものでしょうか。質問に答えないということも内容程度によっては債務不履行になりうると思いますが、それより、代金を支払ったのに商品を送らないとか、より明確な不履行事由があ...

0
回答日 2017年02月07日 08:31

医療同意権は成年後見人にはありません。ただ、ご質問の内容をみるかぎり、延命措置というより、どの施設に移すかという問題のようなので、この場合には、後見人には、施設と入所契約を締結する権限があるので、後...

0
回答日 2017年02月06日 12:24

解雇無効確認については、時効はありませんが、あまり時間が経過すると証拠が散逸するので、早めに申し立てたほうがよいでしょう。

0
回答日 2017年02月05日 08:11

正当な理由のない不出頭及び証言拒絶には罰則があります。 ①不出頭について (民事訴訟法第192条) 1 証人が正当な理由なく出頭しないときは、裁判所は、決定で、これによって生じた訴訟費用の負担を命じ...

0
回答日 2017年02月04日 10:51
この回答がある質問
強制わいせつ

保佐人の同意が必要な事項は以下のとおりです(民法13条1項)。 (1)元本を領収し、又は利用すること。 (2)借財又は保証をすること。 (3)不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為...

0
回答日 2017年02月03日 08:41

免責を受け復権すれば、法律上は後見人になれますが、家裁が一度破産した方を後見人に選任するかは、難しいところです。 破産申立て前に、現在の家裁に一度相談されると良いと思います。

0
回答日 2017年01月31日 07:39
この回答がある質問
自己破産

主張をしたいことがあるのあれば出廷したほうが良いかと思います。当日、調停委員などから質問があることもあるので、出廷したほうがそういった質問にも答えられてよいかと思います。

0
回答日 2017年01月30日 08:50
この回答がある質問
養育費

調停では、どういう形での面会をのぞむかを聞かれると思いますので、ご自身の考え(面会頻度、場所など)を述べられるとよいと思います。

0
回答日 2017年01月23日 09:07
この回答がある質問
別居

法的責任を追及するのは難しいと思います。 次回、同じことにならないために、例えば、原案ができたら、その原案に署名をしてもらうなど書面化しておくとよいかと思います。

0
回答日 2017年01月22日 16:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 - 12 件を表示/全 12 件

山川法律事務所へ問い合わせ

050-5265-6051

※山川法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 19:30
  • 土日12:00 - 18:00
定休日
対応地域
山川 典孝弁護士
山川 典孝弁護士