弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
後藤 栄一弁護士

後藤 栄一弁護士 ごとう えいいち

現在営業中
07:00 - 24:00

050-5861-8872
やまと法律事務所
東京都中央区銀座1-14-9銀座スワロービル6階

企業法務・顧問弁護士

【初回相談無料】企業経営のリスク回避や、企業戦略の展開、コンプライアンスや従業員の福利厚生など、取引先に対するサービスを向上するために弁護士をご活用下さい。

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

企業法務・顧問弁護士の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

【懇切、迅速、適確な法的サービスの提供】
企業が直面する商取引・労務・知的財産・不正競争、事業再編など様々の問題の相談を受け、最善策を助言させて頂きます。

【重点取扱案件】
特に不動産・建築に関する案件を多く扱ってきました。
なかでも、賃貸、賃貸、売買、仲介、競売、権利関係の調整、建築の案件には実績が多くあります。
契約の相手方が契約の義務に違反し契約を遵守・履行しない、契約内容に関し当事者間の意見の食い違いがある等の契約に関する問題がある場合、それを迅速に解決します。

【事務所の体制】
・依頼者のご相談に対して、できるかぎり依頼者の意向及び利益に適う処理方針を提案します。
・弁護士の顧問料に明確性を持たせるため、当事務所は、それぞれの会社の規模・従業員の人数に対応した顧問報酬の定額化を提案させていただきます。なお、準顧問として、相談毎に随時法律相談に応じることもできます。

【アクセス】
銀座駅から徒歩5分、銀座一丁目駅から徒歩1分の距離です。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

この分野の法律相談

当方は、商社です。 客先より納入する目的物について、第三者の特許権等、知的財産権を侵害しないことを保証し、侵害問題が発生した場合当方の責任において、費用負担し、客先には損害は及ぼさない旨の契約を求められました。 商社の範疇を超えるものとの認識でしたが間違いでしょうか?商社でも仕入れた商品が侵...

知的財産権にはその複製や公表のほかに販売なども含まれるので、取扱い商品が知的財産を侵害するものであればその輸入販売などの差止めや損害賠償の対象となります。

後藤 栄一弁護士

赤字・債務超過の会社で、どう見ても株式価値がない会社から増資を依頼されました。 1000株5000万円の増資なのですが、株式価値がない会社に対して増資をする場合、寄付金等の税金が発生する等、リスクはございますでしょうか(倒産リスクは当然理解しておりますので、それ以外で)。 宜しくお願い申...

1 株式投資は資産が株に転化するだけであるのでその時点で課税されることはなく、株を処分した時点で譲渡益(キャピタルゲイン)に対して課税されることとなります。 2 したがって、倒産リスクを覚悟している以上、それ以外にリスクは無いと思います。

後藤 栄一弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 無料(ただし、月ごとの業務量が一定時間を上回る場合には、協議の上で追加の費用をいただきます)
顧問先の従業員・顧客などの関係者の初回相談料も無料
月額報酬 事業主以外の従業員がいない場合 月額5250円~
従業員2名~5名 月額21000円~
従業員6名以上 月額52500円~
訴訟事件などの費用の減額 個別の事件を受任する場合の弁護士費用は、当事務所の報酬規定から30%減額します。
顧問先の関係者から個別の事件を受任する場合も同様とします。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

不動産・建築

【初回相談無料】賃貸、売買、仲介、競売、権利関係の調整、建築に関し多数の実績があります。

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

不動産・建築の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【懇切、迅速、適確な法的サービスの提供】
不動産・建築に関する案件は、当事者間に紛争があると、予想外の損害が生じてしまうため、できる限り迅速にそうした紛争を解決しなければなりません。
そうした紛争を迅速に解決するためには、同一または類似の案件の事件処理を取り扱ってきた過去の実績が重要となってきます。

【重点取扱案件】
不動産・建築に関する案件を多く扱ってきました。
なかでも、賃貸、賃貸、売買、仲介、競売、権利関係の調整、建築の案件には実績が多くあります。
契約の相手方が契約の義務に違反し契約を遵守・履行しない、契約内容に関し当事者間の意見の食い違いがある等の契約に関する問題がある場合、それを迅速に解決します。

【事務所の体制】
・依頼者のご相談に対して、できるかぎり依頼者の意向及び利益に適う処理方針を提案します。
・弁護士費用の見積は無料です。
・面談による法律相談料は30分あたり5,400円(税込み)、メール相談は2往復のやり取りで3,240円(税込み)です。

【アクセス】
銀座駅から徒歩5分、銀座一丁目駅から徒歩1分の距離です。

例を如何に紛争解決に役立たせて新たに生起した紛争の事件処理や問題の解決を図るのかが重要です。

この分野の法律相談

旦那の父と祖母名義で買った家に、旦那と私、旦那のイトコが住んで居ます。 旦那の父は他界していて、旦那の母は行方不明です。 旦那には兄が居ますが、兄も行方不明です。 イトコは以前、イトコの父と祖母名義で買ったマンションに住んでいました。 3.11の震災で水道管と貯水タンクが壊れたのと、旦那と一緒...

使用貸借による使用であるので、使用貸借の契約を解除して、建物明渡しを請求することができます。具体的な明渡しの実現方法としては、建物明渡し等請求訴訟によるべきであると思います。

後藤 栄一弁護士

現在住んでいる賃貸が、上の階で無許可で民泊を行なっており、それにより騒音が発生しています。 民泊を実施している家主、もしくはこの賃貸を、民泊を実施していると知りながら伝えなかった賃貸業者に損害賠償をできるのでしょうか?また、できる場合、金額の目安はどのぐらいになるのでしょうか? ざっくりな質...

無許可で民泊の営業をしていた所有者に損害賠償が認められた裁判例はございます。 仲介業者も上階で違法営業の事実を知っていながらその事実を説明しなかったのであれば、損害賠償義務を負うことになると思われます。

後藤 栄一弁護士

家賃滞納について 現在のアパートに住み約10年、不動産会社が代わり7年になります。 現在、家賃滞納を3ヶ月、5年前から、遅れながら現在迄払って来ましたが、この度不動産会社より、退去命令、法的処置を取ると連絡がありました。 不動産会社から、連絡を受けた時、事故に合っていた為、自身で連絡を出来ず 友...

給水の栓を閉めて停止したということは、不法行為となり、場合によっては賃料の一部請求が妨げられることになるので、相手が訴訟の法的手続に及んだ際に事件を紛糾させ長期化する原因を自ら作り出したことになります。 弁護士などを介して任意交渉をする余地は十分にあると思います。

後藤 栄一弁護士

不動産・建築の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回無料。
次回以降においては30分5000円。
着手金 交渉の場合は10万5000円(税込)
訴訟の場合は31万5000円(税込)
但し、案件の複雑性などの事情がある場合は別途協議。
成功報酬 経済的利益が300万円以下の場合は24%
経済的利益が300万円を超えて3000万円以下の部分は15%
経済的利益が3000万円を超える部分は9%

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

【初回相談無料】遺産分割協議が円滑に進まず、お困りではありませんか。調停・審判の手続で迅速に解決することができます。

遺産相続の取扱分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割 解決事例あり
  • 遺留分減殺請求 解決事例あり
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

遺産相続の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【懇切、迅速、適確な法的サービスの提供】
相続人間で遺産分割の協議をしても問題が解決しない場合には、そのまま遺産が凍結した状態になってしまうので、法的手続に移行して解決を図る必要があります。
迅速に解決するためには、同一または類似の案件の事件処理を取り扱ってきた過去の実績が重要となってきます。

【重点取扱案件】
・遺産分割
・遺留分減殺請求
・遺言

相続財産の形成や維持に対する寄与分や相続前における特別受益について精査し、相続財産から逸失して不明になっている財産を確定すれば、適正に遺産を分割できます。
また、遺産のうち逸失して不明な資産がある場合、状況によっては、遺産全体を一気に解決することに拘らずに、相続財産として確定している分を先行して分割するという方法もあります。
大事なのは、事案に即した解決手法を選択するということです。

【事務所の体制】
・依頼者のご相談に対して、できるかぎり依頼者の意向及び利益に適う処理方針を提案します。
・弁護士費用の見積は無料です。
・面談による法律相談料は30分あたり5,400円(税込み)、メール相談は2往復のやり取りで3,240円(税込み)です。

【アクセス】
銀座駅から徒歩5分、銀座一丁目駅から徒歩1分の距離です。

この分野の法律相談

借地上の建物所有者死亡。築40年木造。相続人なし。相続財産法人に帰す。その建物を250万で買いたい不動産屋あらわれる。地主の介入権行使する場合専門家三人の意見を聞く、とのことですが、どんな事情でも250万より安くなることはないですか。思った以上に高額なら介入権はやめれますか。

地主は借地上の建物が譲渡される場合において、借地権の譲渡を承諾することもできますし、承諾しないこともできますが、法律上では介入権というものはございません。なお、承諾しない場合においては、承諾に代わる許可の裁判の制度があります。 上記の承諾や許可に際しては、地主の承諾料ないし許可料が必要となりますが、その承諾料ないし許可料は不動産屋が見込んでいるものですので、...

後藤 栄一弁護士

父が他界しました。 叔母(遺言執行者)の意思で、妻である母を相続人削除しようとしています。 父は叔母からの提案で死亡2週間前に遺言を残していました。 その中に、妻には一切遺さないとしています。 理由は 母と父は死亡前8年間別居をしていたからです。母は執拗な姑からの虐めを耐え、子供が成人したの...

相続人廃除の適用は非常に厳格ですので、裁判所は廃除を認めないはずです。遺留分減殺請求を行い、遺産分割調停または共有物分割請求訴訟などを提起すれば、遺産の分割を受けられます。

後藤 栄一弁護士
遺言書が必要ですか? 2017年07月10日

弟に相続財産を渡したいです。 家族構成は母、私(兄)、弟の3人です。 私は病気で結婚もしておりません。 私が死んで遺言書がない場合、母のみが相続人となると思いますが、遺産分割協議書で母の合意があれば母と弟で財産を分け合うことは可能でしょうか? 不動産名義が私となっており、母も高齢のため遺...

遺言によって弟に相続財産を相続させることができます。3分の1の遺留分を侵害しない限り、後で覆されることもありません。遺言書作成に母親の同意は必要ありませんが、後で3分の1の遺留分減殺がなされる法律上の可能性があります。

後藤 栄一弁護士

遺産相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回無料。
次回以降においては30分5400円。
着手金 交渉の場合は10万8000円(税込)
調停・審判の場合は32万4000円(税込)
但し、案件の複雑性などの事情がある場合は別途協議。
成功報酬 成功報酬経済的利益が300万円以下の場合は24%
経済的利益が300万円を超えて3000万円以下の部分は15%
経済的利益が3000万円を超える部分は9%

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

所属事務所情報

所属事務所
やまと法律事務所
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座1-14-9銀座スワロービル6階
最寄り駅
銀座駅、銀座一丁目駅、東銀座駅
交通アクセス
  • 駐車場近く
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 労働
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5861-8872

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 24:00
  • 土日07:00 - 24:00
定休日
備考
【24時間メール予約受付】
お名前、ご連絡先、ご依頼されたい内容をご記入下さい。
【電話相談】
平日08:50 - 19:00
土日08:00 - 13:00
ご相談のためのお電話の際に不在の場合、留守番電話にお名前と電話番号を録音くださるようお願いします。
当方から折り返し電話させて頂きます。
後藤 栄一弁護士へ問い合わせ

050-5861-8872

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 24:00
  • 土日07:00 - 24:00
定休日
備考
【24時間メール予約受付】
お名前、ご連絡先、ご依頼されたい内容をご記入下さい。
【電話相談】
平日08:50 - 19:00
土日08:00 - 13:00
ご相談のためのお電話の際に不在の場合、留守番電話にお名前と電話番号を録音くださるようお願いします。
当方から折り返し電話させて頂きます。
事務所の対応体制
駐車場近く
後藤 栄一弁護士
後藤 栄一弁護士