弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

戸舘 圭之弁護士 とだて よしゆき

戸舘 圭之弁護士

戸舘圭之法律事務所

東京都千代田区麹町2-12-13LYNX麹町7階
現在営業中 00:00 - 24:00
電話番号 050-5289-5078
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名175 件/匿名:0件

辞めるのに理由はいらないのでいつでも辞めれます。 明日からでも出社せず、退職届は郵送で送ってしまって問題ありません。 ご指摘の上司の行動は、パワハラというよりむしろ犯罪に該当しますし、まとも...

回答日 2018年04月17日 23:41
この回答がある質問
パワハラ

単純に元検察官だから、元裁判官だからという理由で刑事裁判に有利になることはないと思います。

回答日 2018年04月17日 23:31
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

当然に雇用関係は認められます。 民法629条第1項前段という法律によれば 「雇用の期間が満了した後労働者引き続きその労働に従事する場合において、使用者がこれを知りながら異議を述べないときは、...

回答日 2018年04月17日 23:28

ちょっとおっしゃっている意味がわかりません。 具体的に何がしたいのでしょうか。

回答日 2018年04月17日 22:44
この回答がある質問
控訴

生活保護申請前の直近の収入がいくらであろうと申請時にお金がなければ問題なく生活保護は受けられます。

回答日 2018年04月16日 01:32
この回答がある質問
労働

生活保護法にはクレジットカードの使用を禁止するなんて規定はありませんから、クレジットカードをつかっていただいてなんの問題もありません。 ただ、キャッシングやリボ払いは、借金をすることになるので...

回答日 2018年04月14日 00:08

すぐに弁護士を代理人に立てて下さい。 そうすれば通常であれば代理人に対してのみ連絡がいくようになります。

回答日 2018年04月06日 20:46

> ①損害賠償請求に応じる必要があるか ⇒事前にお店に伝えておけば営業は可能なので損害はほとんど生じないと思いますので損害賠償請求がもしあったとしても応じる必要はないと思われます。 ...

回答日 2018年04月05日 00:09

税金関係でしたら税理士さんにまずは相談されるとよいと思います。 その他の法的な問題、クライアントとの関係や医療行為との関係などのもろもろの問題については弁護士がいいと思います。 カウンセラーの場...

回答日 2018年04月03日 12:56
この回答がある質問
民事・その他

> 1.会社という組織はこのような考えは普通なのでしょうか? 普通ではないです。 > 2.私は従業員なので従わないといけないのでしょうか? 従業員だからといって違法な行...

回答日 2018年04月03日 01:10
この回答がある質問
解決方法・相談先

> ちなみに、この様な場合、ユニオンや弁護士に相談すると職場復帰の方向で話しが進展する可能性が高いでしょうか? それはあなた自身の御意向によります。職場復帰を求めるのであれば、それに向け...

回答日 2018年04月03日 01:04
この回答がある質問
解決方法・相談先

解雇ですので会社都合だと思いますが、そもそも解雇自体が有効かどうかは検討の余地はあるかと思います。逮捕、勾留されたり執行猶予判決を受けたからといって直ちに解雇が認められるとは限りません。 解雇...

回答日 2018年03月31日 00:31
この回答がある質問
窃盗・万引き

あきらめるのは早いと思います。 いろいろ考慮すべき事情はありますが、 まず、そもそもご主人に対する海外赴任を命じる配転命令を争う ことも一つの可能性だと思います。 配転命令も...

回答日 2018年03月28日 15:22

「月に13回程度」と契約書に記載されていた場合、契約締結をする労働者の認識としては常識的に考えても「最低でも月13回は働ける」と思うのが通常だと思われます。 したがって、実際のシフトが月10回程度...

回答日 2018年03月27日 22:45
この回答がある質問
労働条件

違法ではありません。 私の知る限りでもふつうにやっています。 > また、違法で無かった場合ですが、どの程度までなら情報開示して問題ないでしょうか? > 1.裁判の開催日 &g...

回答日 2018年03月27日 22:42
この回答がある質問
労働裁判

> こちらは騒音で被害を受けている側なのに何故損害賠償を請求されるのでしょうか? > また、そのような言い分で損害賠償請求することは可能なのでしょうか? まさに根拠はなくても逆ギ...

回答日 2018年03月24日 02:32

> また 会社の様式でないと退職届は、有効にならないのでしょうか。 どのような様式でもかまいません。 そもそも退職届などを出さずとも実際に退職できているので不要といえば不要なのですが、...

回答日 2018年03月24日 01:55
この回答がある質問
労働

1 あります。 2 不起訴に不服がある場合、検察審査会に申し立てをすることができます。そこで不起訴が不当だとなったら再度捜査される場合もあります。

回答日 2018年03月23日 08:34

そもそも退職するかどうかの決定権は会社にはありません。 労働者の意思で退職できます。 ですので、今回の件は、 いったんは有効に成立した退職の意思表示が会社からの働きかけで撤回されたので...

回答日 2018年03月22日 14:51

口頭弁論は確かに口頭でいろいろ言うことが可能な手続きですが、書面で準備することが大前提となっています。実際は準備書面と呼ばれる書面に言いたいこと(主張)や聞きたいこと(求釈明といったりします)を書い...

回答日 2018年03月22日 01:58
この回答がある質問
通常訴訟

同じ事件では再度逮捕、勾留されることはありません。

回答日 2018年03月20日 03:02
この回答がある質問
強制わいせつ

原告と被告双方が判決の送達を受けた日(判決書を受け取った日)の翌日から起算して14日を経過すれば確定します。

回答日 2018年03月19日 11:37
この回答がある質問
裁判離婚

そもそも自己破産をすり場合に免責されないことは通常考えにくいです。

回答日 2018年03月18日 14:45
この回答がある質問
自己破産

ただ働きは許されません。 遅刻しても働いた分の賃金は払わなければなりません。

回答日 2018年03月18日 13:47
この回答がある質問
遅刻

会社が請求している賠償金は、そもそも払う必要がない可能性が高いです。 お金のことはなんとかなりますから 弁護士に相談してください。

回答日 2018年03月18日 03:14

契約の詳細を伺った上でないと正確な回答は出せない部分はありますが、 契約上労働時間が明記されているのであれば早く上がったとしても明記されている時間分の賃金をもらえる可能性があります。

回答日 2018年03月17日 22:31
この回答がある質問
労働時間

給与の天引きは違法です。 そもそも10万円のミスをあなたがしたからといって10万円をあなたが支払う必要はありません。 金券ショップを経営していれば、そのようなミスが生じるのは、通常起こる...

回答日 2018年03月17日 21:16

無理に電話しなくていいです。 派遣会社には郵送で退職届を送るので問題ありません。 それによって、あなたが損害賠償を支払うこともありません。

回答日 2018年03月15日 22:21
この回答がある質問
退職 期間

期限後でも補充書という形で提出することは通常よく行われていますし、少なくとも調査官は目を通すとは思いますので内容次第ではありますが意味のないことではないです。 ですので、最高裁の判断が出るまで...

回答日 2018年03月15日 11:47
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

> 1.それで法規上はそもそも退会できないのでしょうか? そんなことありません。 委任契約はいつでも解約することが可能です。 > 2.明確な理由を付けて、相手方に納得してもらう...

回答日 2018年03月14日 17:19

1 - 30 件を表示/全 175 件

現在営業中 00:00 - 24:00
戸舘圭之法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5289-5078

※戸舘圭之法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
所用のため電話対応が出来ない場合は折り返しお電話させていただきます。刑事事件のご依頼で緊急の場合には、休日・時間外でも受付、対応いたします(その場合はお電話、メールでご一報下さい)。
お電話、メールでの法律相談は原則として受け付けておりませんのでご了承下さい。
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験
再審弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
託児所・キッズルーム
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。