弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

戸舘 圭之弁護士 とだて よしゆき

戸舘 圭之弁護士

戸舘圭之法律事務所

東京都千代田区麹町2-12-13LYNX麹町7階
現在営業中 00:00 - 24:00
電話番号 050-5289-5078
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:482 件/匿名回答数:0件

> 勾留延長が決まったあとに何度も検察に出向くものなのですか? そういうことはよくあります。検察官が取調べをするために呼び出しをしているものと思われます。 10日間の延長ということ...

回答日 2018年04月19日 11:30
この回答がある質問
窃盗・万引き

和解はあくまで原告と被告の話し合いで内容をつめていくものですので被告が合意するのであれば追加することは可能です。訴えの変更の手続きは不要です。

回答日 2018年04月18日 01:34

辞めるのに理由はいらないのでいつでも辞めれます。 明日からでも出社せず、退職届は郵送で送ってしまって問題ありません。 ご指摘の上司の行動は、パワハラというよりむしろ犯罪に該当しますし、まとも...

回答日 2018年04月17日 23:41
この回答がある質問
パワハラ

単純に元検察官だから、元裁判官だからという理由で刑事裁判に有利になることはないと思います。

回答日 2018年04月17日 23:31
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

当然に雇用関係は認められます。 民法629条第1項前段という法律によれば 「雇用の期間が満了した後労働者引き続きその労働に従事する場合において、使用者がこれを知りながら異議を述べないときは、...

回答日 2018年04月17日 23:28

ちょっとおっしゃっている意味がわかりません。 具体的に何がしたいのでしょうか。

回答日 2018年04月17日 22:44
この回答がある質問
控訴

生活保護申請前の直近の収入がいくらであろうと申請時にお金がなければ問題なく生活保護は受けられます。

回答日 2018年04月16日 01:32
この回答がある質問
労働

生活保護法にはクレジットカードの使用を禁止するなんて規定はありませんから、クレジットカードをつかっていただいてなんの問題もありません。 ただ、キャッシングやリボ払いは、借金をすることになるので...

回答日 2018年04月14日 00:08

2月26日に「出した」とおっしゃっている控訴状が裁判所にどのように取り扱われているかにかかっていると思われます。 2月26日の控訴状が受け付けられて事件番号などがついて処理されているのであれば2月...

回答日 2018年04月14日 00:04
この回答がある質問
控訴

> 何日か消化させてもらい、あとは要らないという事は > できますか? 有給休暇は、労働者の権利であって義務ではありませんので当然可能です。

回答日 2018年04月10日 02:18
この回答がある質問
退職 有給休暇

すぐに弁護士を代理人に立てて下さい。 そうすれば通常であれば代理人に対してのみ連絡がいくようになります。

回答日 2018年04月06日 20:46

裁判官3人で担当する場合を合議といいます。

回答日 2018年04月06日 17:04
この回答がある質問
準備書面

すぐに弁護士に相談をして対応してもらったほうがよいです。 売上金の紛失と横領とはべつものです。そもそも犯罪が成立するか疑問があります。 また損害賠償についても20万円はともかくとしてそれ...

回答日 2018年04月06日 15:19

調書は作られたとしても内容次第ですし、不本意な内容でしたら事後的に訂正を求めるなども可能ですので手遅れということではありません。

回答日 2018年04月05日 14:59

会社の業務命令だからと言って絶対服従というわけではありません。 配転命令も不当な目的がある場合など法的に無効と評価される場合があります。 さしあたり、労働組合や弁護士に相談の上、業務命令...

回答日 2018年04月05日 13:13
この回答がある質問
人事異動

大した事件ではないと言われても、警察からすれば「大した事件ではないから暴行の事実を認めさえすれば早期に終わらせる」という趣旨ですので、あなたが暴行を加えていないということをあなたに有利に認めてくれる...

回答日 2018年04月05日 10:34

> ⑦ 今回のような”値段的には価値のない物(非売品)”を盗んだ際に生じる刑事的罰などはあるのでしょうか? 非売品であっても、値段がつかないとしても、窃盗罪(刑法235条)の客体としての...

回答日 2018年04月05日 00:42

> ①損害賠償請求に応じる必要があるか ⇒事前にお店に伝えておけば営業は可能なので損害はほとんど生じないと思いますので損害賠償請求がもしあったとしても応じる必要はないと思われます。 ...

回答日 2018年04月05日 00:09

その分野に詳しい弁護士がよろしいかと思います。

回答日 2018年04月03日 20:29
この回答がある質問
民事・その他

税金関係でしたら税理士さんにまずは相談されるとよいと思います。 その他の法的な問題、クライアントとの関係や医療行為との関係などのもろもろの問題については弁護士がいいと思います。 カウンセラーの場...

回答日 2018年04月03日 12:56
この回答がある質問
民事・その他

個人事業をはじめるということなので税務署へ開業届等の提出は必要になるかと思います。

回答日 2018年04月03日 08:14
この回答がある質問
民事・その他

即日退職可能です。

回答日 2018年04月03日 03:23
この回答がある質問
解決方法・相談先

> 1.会社という組織はこのような考えは普通なのでしょうか? 普通ではないです。 > 2.私は従業員なので従わないといけないのでしょうか? 従業員だからといって違法な行...

回答日 2018年04月03日 01:10
この回答がある質問
解決方法・相談先

> ちなみに、この様な場合、ユニオンや弁護士に相談すると職場復帰の方向で話しが進展する可能性が高いでしょうか? それはあなた自身の御意向によります。職場復帰を求めるのであれば、それに向け...

回答日 2018年04月03日 01:04
この回答がある質問
解決方法・相談先

行政機関に対する届け出はとくに必要がないと思います。

回答日 2018年04月03日 00:42
この回答がある質問
民事・その他

退職は、自分の意思でするもので、強要することはできません。 退職に追い込むためにひどい言葉を言われているのであれば、それ自体、不法行為として損害賠償の対象になる可能性もあります。 最終的には...

回答日 2018年04月03日 00:42
この回答がある質問
解決方法・相談先

> 1、これだけの情報で逮捕されますか? ⇒ わかりませんが、可能性はなくはないです。 > 2、被害届が出ているのであれば示談をしたいです > 3、会社にいた場合、会社に...

回答日 2018年03月31日 00:33
この回答がある質問
盗撮・のぞき

解雇ですので会社都合だと思いますが、そもそも解雇自体が有効かどうかは検討の余地はあるかと思います。逮捕、勾留されたり執行猶予判決を受けたからといって直ちに解雇が認められるとは限りません。 解雇...

回答日 2018年03月31日 00:31
この回答がある質問
窃盗・万引き

いると思います。

回答日 2018年03月30日 07:06
この回答がある質問
児童買春・援助交際

あきらめるのは早いと思います。 いろいろ考慮すべき事情はありますが、 まず、そもそもご主人に対する海外赴任を命じる配転命令を争う ことも一つの可能性だと思います。 配転命令も...

回答日 2018年03月28日 15:22

1 - 30 件を表示/全 482 件

現在営業中 00:00 - 24:00
戸舘圭之法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5289-5078

※戸舘圭之法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
所用のため電話対応が出来ない場合は折り返しお電話させていただきます。刑事事件のご依頼で緊急の場合には、休日・時間外でも受付、対応いたします(その場合はお電話、メールでご一報下さい)。
お電話、メールでの法律相談は原則として受け付けておりませんのでご了承下さい。
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験
再審弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
託児所・キッズルーム
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。